「無垢」同士がシンクロ

評 : 福島敏雄(論説委員)



一読して浮かんだのは無垢というコトバである。

人は、赤ん坊のときは無垢の魂のような存在だが、
精神を形成するにつれ、徐々に垢(あか)がつき、やがてただのオトナになる。

もちろん精神のある部分には無垢が潜んでいるが、ほとんど顧みられることもない。


芸術家とは、この無垢の容量が大きい人たちを指すのではないだろうか。

なかでも画家や造形家は、無垢の純度が高いような気がする。

たとえばピカソや円空には、時として子供が描いたり、彫ったりしたと
勘違いしてしまいそうな作品もある。


神戸の下町の古びた木造住宅に住む、石井一男という無名の画家が
ひとりの画商と出会い、49歳にして初の個展を開いた。

作品の多くは目を閉じた女神像で、見るものの魂の琴線に触れるような
不思議な画風だった。

大きな反響を集め、三十数点の作品のほとんどが完売した。


平成4(1992)年のことである。

本書は石井を中心に、画商や石井作品を購入した市井の人々を追った
ノンフィクションである。


石井は大学を出ると、定職に就かず、皿洗いや
地下鉄の駅への新聞の配送などのバイト生活を続けた。

結婚もせず、独り暮らしである。

無為な日々といってもいいかもしれないが、後藤氏は
「空白と沈黙の歳月も、石井一男という画家にとってはきっと必要な、
また必然の時間帯であったように思える」と書く。


筆者なりに解せば、絵を描くまでの四十数年間は、
石井は純度の高い無垢を大切に守り、育て続けたのであろう。

そして50歳代を前に、その無垢が絵筆をとらせた。


多くの購入者の中には、病室に石井の「女神像」を飾り、最期を迎えた元会社役員や、
死に近い難病の治療の際、病室に「女神像」を飾り、生還した公務員もいた。


2人の男が偶然にも、「最後の1枚」として女神像を選んだ。

死に直面したとき、精神の中に潜んでいた無垢が、硬い殻をやぶって
うねうねと波動しはじめ、それが石井という画家の無垢とシンクロナイズしたのであろう。

それを「奇跡」と呼んでもいい。

                                   2010年2月

奇蹟の画家
4062159503



keiko-takeuchi.com
特定商取引に基づく表示  プライバシーポリシー  サイトマップ   

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
Copyright 2006-2012 © Keiko Takeuchi All rights reserved.