上野の杜 その2 〜藝大から根津、不忍池 散策・編〜
2006.07.25

東京藝大の藝大アートプラザから学食、根津界隈を散策したレポートです。



JR上野駅から、芸大に向かう坂の途中にある建物。
大学の敷地内の建物だと、思う・・・。緑が、鮮やかでした。


美術学部の奥にある【着衣のバルザック】オーギュスト・ロダン作

ここでの数分間に、ものすごい数の「蚊」の攻撃に遭う。
たぶん、ブヨもいましたねぇ。数日、足が腫れました・・・

この門の奥に見えるのが「藝大アートプラザ

その昔、短大のときに、古美術学を学び、
この三股部分の装飾で、時代や様式を覚えたのに・・・

柱の部分の太さも違うでしょ。コレも時代の特色で覚えたのだけど・・・
20年も前の記憶なんて、無に等しい。


美校で在籍31年だった校長先生!正木直彦氏の像です。

もうひとつ、門をくぐって・・・

うしろを振り返って見上げると!




おぉ〜〜〜っ。


ここがオープンして間もない藝大アートプラザです
とっても開放的で、心地よい空間です。


ヨーロッパの小路のような雰囲気です。
校内の樹木の美しさも、ステキです。


ここを抜けると、美術学部へとつながっています。


小路を抜けると、レンガの建物の「陳列館」です。

このライト(と呼んでいいのかな)いい、レンガの色合いといい、おしゃれな感覚で、好きです。

まったく、意味はないのですが、あたくしの影でーす。




ここ美術学部から、道路を渡って音楽学部へと移動しました。

さてさて、ここは音楽学部の学食です。
で、ランチをいただく前に、まずはネタ収集・・・?


彼女が、激写しているモノは・・・


学食の天井近くの壁に、描かれている絵?でした。
野知律子さんの視点から見た風景は、こちら。あなたに伝えたい風景



そうなんです、学食にピアノが置いてあるんです!




さ、これから校内を出て、根津から不忍池へと散策しま〜す。
昭和の時代のもの、子どものころに目にしたものなど
懐かしくて声を発してしまうほど、いろーーんなモノが売っていました。

でも、古いもののエネルギーをたっくさん受けてしまうので
それほど長居は、できませんでした・・・
根津界隈をしばらく歩いてみると・・・

うわぁ、日本画で使う、岩絵の具のお店です。

う、うつくしい・・・

ガラス越しに眺めて、うっとりしている姿は
お店の内側からみると、ちょっと不気味でしょうねぇ・・・

和菓子の谷中天三味。下町情緒あふれています。
色合いが、可愛らしかった「ゆべし」

曹洞宗の楞伽山天眼禅寺





また、しばらく歩くと・・・
とっても風情のある「おうどん屋さん」に遭遇・・・
釜揚げうどん専門の根津 釜竹石蔵

入ってみたかったけど、夜の部、準備中でした。残念っ!


お庭にあった、灯篭もかわいい・・・


ここは、不忍池。
ほんとうの目的地は、旧岩崎邸庭園だったけれど、ここでタイムアウトです。


睡蓮が、一面見渡す限りに広がっていて、とっても見事でした。
大好きな芍薬のような丸みと、やわらかな色合いに、うっとり。


清水観音堂
弁天堂
琵琶の碑
不忍池を琵琶湖にみたてた、という説があるようです。


なんと、河豚(ふぐ)の供養塔です。
愛嬌があってかわいい。


上野恩寵公園って、思った以上に広いのです。
なるべく、最短距離で東京藝大まで戻りたい・・・





さぁて、ようやく藝大美術学部の学食に、到着〜!
おもわず、売店で「黒酢ドリンク」を買って一気飲みぃ・・・

小5の三女の授業が17時に終わったので、ここでおやつタイム〜♪
三女を前にして、デッサンを始めるのっちさん。

か、可愛すぎるぅ〜〜〜。大感激です!ありがとうございます。

4時間ものデートで、ステキな時間と
音楽のお話しをありがとうございました。


さて、最終日は、上野の杜 〜上野恩寵公園 お散歩編〜です。


1日目は、三女@小5の芸大講習会
2日目は、藝大校内・根津 散策
3日目は、上野恩寵公園お散歩

いままでのイベントレポートは、こちら!


keiko-takeuchi.com

特定商取引に基づく表示  プライバシーポリシー  サイトマップ   

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
Copyright 2006-2009 © Keiko Takeuchi All rights reserved.